こんな心のこもった販促品は見たことがありません

これまで沢山の販促品を貰ったり見たりしてきましたが、最も変わったもので嬉しかったのが、手作り凧の販促品です。

私の地元のスーパーマーケットのものでしたが、社長さん始め従業員の皆さんが、心をこめて一枚一枚手作りで仕上げたものだと地元の新聞が取り上げていました。

販促品というと、その名の通りお店や商品をPRするために、数多く用意して不特定多数の人々に配り、普及宣伝効果を高めて売り上げ向上に結び付けるのが一般的な目的です。

PRする側はお金をかけて販促物を用意します。

しかし、この凧にはお金の他、更にスーパーマーケットの従業員の手間と時間までかけているのです。

凧を見ると、一枚一枚の絵柄が異なっており、全てが完全に手作りである事がわかりました。

丹精込めて丁寧に仕上げた凧が、およそ1000枚ありました。

これほどたくさんの手作りの凧を用意するのに、一体どのくらいの時間を費やしたのだろうかと考えると、社長さんや従業員さんの苦労がまるで身にしみるようでした。

聞けば、社長さんは従業員さんの凧をすべて買い上げて販促品にしたそうです。

こんな心のこもった販促品は見たことがありません。

お正月、私は子供達とこの凧を川辺であげました。

何処までも高く気持ちよく飛んでいったのが、深く印象に残っています。

[スポンサー広告] 販促品 エスピィ